../../_images/logo_geoserver.png ../../_images/OSGeo_project.png

GeoServer

Web サービス

GeoServer は、多様なフォーマットから地図とデータを Web ブラウザやデスクトップ GIS プログラム等の標準的なクライアントに配信する Web サーバです。データは WMS、WFS、WCS、WPS、タイルキャッシュなどの標準に基づくインターフェイス経由で配信されます。GeoServer は、ブラウザベースの管理インターフェイスを持ち、バックエンド側で複数のデータソースへ接続します。

geoserver screenshot

主な機能

様々なデータストアからデータを配信:
  • ベクタ
    • シェープファイル、 外部WFS
    • PostGIS, ArcSDE, DB2, Oracle Spatial, MySql, SQL Server
  • ラスタ
    • GeoTiff, JPG 及び PNG (ワールドファイル付き), image pyramid, GDAL formats, Image Mosaic, Oracle GeoRaster, NetCDF
WMS 及び WMTS プロトコルを利用した、安全かつ迅速なデータ配信:
As the data is served up as an image your data is completely safe and secure. Unless they redigitise your data there is no way to steal your data. The appearance of each map layer can be controlled using the SLD standard which allows features to be coloured and labeled. By combining these rules with OGC Filters scale dependent styling can be implemented allowing more detail to be added as a user zooms in. Label collision management, grouping and priorities are also implemented.
WFS プロトコルを利用した、クライアントへの全ベクタデータ送信:
A WFS client can download vector data and use it for mapping, spatial analysis and other operations. Also if authorised the user can modify the data and send it back to the server to update the stored data using the WFS-T protocol. The data can be transmitted using GML (compressed) as well as other standard data formats like shapefile and json.
WCS プロトコルを利用した、クライアントへのラスタデータ値送信:
A GIS client can request the actual raster data for use in spatial analysis. This allows a user to create applications which can model the process described by your data.
オンザフライ投影変換:
GeoServer は EPSG データベースの主な投影法をサポートしており、オンデマンドでそれらの投影法への再投影ができます。クライアント側で再投影を制限され手いる場合にはサーバ側でその処理を行うこともできます。
タイルキャッシュ
GeoWebCache は GeoServer に統合されていて、 WMS などの様々なソースからタイル化して地図画像をキャッシュします。様々な (WMS-C, WMTS, TMS, Google Maps KML, Virtual Earth などの) サービスインターフェイスを実装し、地図画像配信を加速・最適化します。通常の WMS クライアントで動作するよう、タイルを再結合することも可能です。
Web Processing Service (WPS)
JTS に由来する地理空間アルゴリズムを、 GeoServer の WPS インターフェイスを経由して呼び出すことが可能です。処理を連結することや、 WMS インターフェイスを経由して強力な可視化を行うためにレンダリングの変換を行うことも可能です。

準拠している標準規格

多くの Open Geospatial Consortium (OGC) 標準をサポートしています:

  • WMS (クライアント/サーバ)
  • Web Map Tile Service (WMTS)
  • WFS-T (トランザクショナル)
  • WCS
  • FE
  • SLD
  • GML
  • KML

詳細

Webサイト: http://geoserver.org/

ライセンス: GNU General Public License (GPL) version 2

ソフトウェアバージョン: 2.15.1

対応プラットフォーム: Windows, Linux, Mac 上の Java 8 (Oracle JDK 及び OpenJDK)

API インターフェイス: WMS, WFS, WCS, REST

サポート: http://geoserver.org/support/

クイックスタート